スポーツ

台湾プロ野球、雨天で開幕お預け 無観客試合を予定

 無観客で開催の台湾プロ野球、観客席には観客やイヌ、ネコの立て看板が設置された=11日、桃園(ロイター=共同)

 【台北共同】台湾プロ野球は11日、新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた公式戦の開幕日を迎えた。無観客にすることで開催にこぎ着けたが、予定されていた1試合が雨天中止となり、開幕は12日にお預けとなった。世界中のスポーツ大会が延期や中止に追い込まれる中でのプロリーグの実施で、海外からも注目されている。

 新規参入の楽天が本拠地の桃園市で中信兄弟と対戦する予定だったが、試合開始時間を過ぎても雨が降りやまず中止となった。12日は2試合が予定されている。観客を入れた通常開催の見通しは立っていない。

 当初3月14日の開幕が感染の広がりで2度延期されていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス