社会

解雇の運転手、撤回求め団交要求 ロイヤルリムジングループに

 ロイヤルリムジン側へ団体交渉の申し入れに向かう運転手ら=11日午後、東京都中央区

 タクシーとハイヤー事業を展開するロイヤルリムジングループ(東京)が運転手約600人に解雇を言い渡した問題で、解雇通告された運転手数人が労働組合に加入し、11日、解雇の撤回などを求め会社側に団体交渉を申し込んだ。

 労組に加入した斎藤泰弘さん(53)らは11日午後、東京・銀座にある営業所で、同グループの金子健作社長に申し入れ書を手渡した。金子社長は後日、団交に応じる意向を示したという。

 斎藤さんによると、この日、解雇に同意していない十数人の運転手が営業所を訪れた。会社側は3月までの給与を約束したが、今後の対応などは説明しなかった。会社側は取材に応じなかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス