経済

孫氏、マスク大量供給表明 月3億枚、利益上乗せせず

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は11日、自身のツイッターで、5月から月3億枚のマスクを供給する意向を示した。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、全国的なマスク不足の解決に協力する。同社は利益を上乗せせず、仕入れ値で販売する方針。

 孫氏は中国の大手メーカーBYDと提携し、専用の製造ラインを設立したと説明。その上で「政府と連携を図り、医療現場をはじめ1人でも多くの人々に供給する」とつづった。医療用の「N95マスク」を月1億枚、一般のサージカルマスクを月2億枚、それぞれ生産するという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス