スポーツ

五輪金選手、自宅トライアスロン 医療機関への寄付募り、映像配信

 2009年8月、トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会で優勝したヤン・フロデノ=横浜市山下公園周辺特設コース

 トライアスロン男子で2008年北京五輪金メダリストのヤン・フロデノ(ドイツ)が、新型コロナウイルスに対応する医療機関への寄付金を募ろうと、自宅でトライアスロンを完走する映像をライブ配信し、20万ユーロ(約2380万円)以上を集めた。ロイター通信が11日、報じた。

 フロデノは外出が制限されているスペインの自宅のプールで約4キロ泳ぎ、室内のトレーニング用のマシンを使って、自転車の180キロとフルマラソンを計8時間33分39秒で完走した。「これまでと違っていて楽しかった。資金も調達できて良かった」と語った。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス