スポーツ

DeNA平良、ブルペンで33球 週1度の投球で感覚維持

 ブルペンで調整するDeNA・平良=横浜(同球団提供)

 DeNAの平良拳太郎投手は感覚を維持するため、自主練習期間でも週に1度の投球練習を続けている。12日、新型コロナウイルス感染予防のため非公開で行われた横浜スタジアムでの練習でブルペンに入り、嶺井博希捕手を相手に変化球を交え33球を投じた。

 昨季まで2年連続で5勝をマーク。プロ7年目の今季は初の開幕ローテーション入りを確実にしている。球団を通じ「(嶺井に)手元で強いボールが来ていると言ってもらえたので、継続していきたい」とコメントした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス