社会

核燃料使用施設の排気筒倒壊 茨城「放射性物質漏れなし」

 倒壊した、金属材料研究所付属量子エネルギー材料科学国際研究センター研究棟の排気筒=13日午後、茨城県大洗町(東北大提供)

 茨城県は13日、大洗町の東北大金属材料研究所研究棟の排気筒が強風で倒壊したと明らかにした。研究棟は核燃料使用施設だが、放射性物質の漏えいなど外部への影響はないという。

 県によると、排気筒は放射線管理区域内にあり、同日午後に倒壊が確認された。当時、同町には暴風警報が発令されていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス