国際

薬品供給網の維持へ連携強化 ASEAN日中韓声明案

 【バンコク共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)の首脳らが14日のテレビ会議に際し発表する共同声明の草案が13日、判明した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け国際的に懸念が高まっている食料や薬品などの物流寸断に対応するため、各国が連携を強化することなどが盛り込まれた。

 外交筋によると、草案は感染拡大を「人々の安全に対する前代未聞の重大な挑戦」と位置付け、社会・経済への悪影響に「深刻な懸念」を表明。各国が貿易や投資に関し市場の開放性維持に努め、特に生活に不可欠な食料や日用品、薬品、医療資材の調達・供給網が断絶しないよう力を尽くすとした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス