経済

有価証券報告書、3カ月延長 新型コロナ拡大に配慮

 麻生太郎金融担当相は14日の閣議後の記者会見で、3月期決算の企業について、上場企業に義務付けている有価証券報告書の提出期限を3カ月延長し9月末にすると発表した。新型コロナの感染拡大による決算作業への影響に配慮する。

 麻生氏は新型コロナで「決算や監査業務を進めることが極めて困難と思われる」と指摘。内閣府令を改正し「企業が個別に申請を行わなくても一律に9月末まで提出期限を延長できるようにする」と表明した。

 上場企業は金融商品取引法に基づき、決算期末から3カ月以内に有価証券報告書を提出する義務がある。日本企業は3月期決算が多く、6月が提出のピークとなる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス