経済

米主要企業10年ぶり大幅減益へ 1~3月期、調査会社発表

 【ニューヨーク共同】米主要企業の2020年1~3月期決算の発表が14日から本格化する。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が停滞しており、収益悪化は確実だ。調査会社ファクトセットによると、全体の利益は前年同期と比べて11・5%減少し、金融危機の影響が残る09年7~9月期(15・7%減)以来、10年半ぶりの落ち込みとなる見通しだ。

 業種別の予想では、最も悪化するのはエネルギー業界で、減少率は53%に達する。新型コロナによる需要減に加え、産油国の対立で、供給過剰懸念が高まり、原油相場が急落。エクソンモービルなど石油会社の収益環境が悪化した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス