経済

三陽商会、5カ月で社長交代へ コロナで経営悪化、26億円赤字

 三陽商会の社長に就任する大江伸治副社長(左)と中山雅之社長=14日午後、東京都千代田区

 三陽商会は14日、1月に就任したばかりの中山雅之社長が副社長に退き、大江伸治副社長が社長に就任すると発表した。同日の取締役会で決定し、5月開催予定の株主総会後に就任する。業績立て直しのため、不採算店を最大150店閉鎖することを検討している方針も明らかにした。

 同日発表した2020年2月期連結決算は、純損益が26億円の赤字だった。赤字は4年連続。消費税増税や台風19号などの自然災害の影響に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が一段と悪化した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス