経済

G7、途上国債務の返済猶予合意 コロナ「前例のない脅威」

 G7財務相・中央銀行総裁のテレビ電話会議に出席する麻生財務相(手前右)と日銀の黒田総裁=14日夜、財務省(同省提供)

 日米欧の先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁は14日、テレビ電話会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大への対応策を協議した。通貨安や資金流出に苦しむ途上国の債務の返済を猶予することで大筋合意した。途上国の経済危機や感染症対策の不備によって、世界経済の悪化が深刻化する事態を防ぐ。経済成長を回復させ雇用や事業を守るため、政策を総動員することを改めて確認した。

 議長国の米国は議長総括で「この衛生上の危機は世界経済に前例のない脅威をもたらしている」と強調。「途上国の債務返済の時限的猶予を提供する準備がある」と表明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス