国際

韓国総選挙、深夜にも大勢判明 感染対策評価で与党優勢か

 選挙演説を聞く韓国の市民ら=15日、ソウル(AP=共同)

 【ソウル共同】韓国で4年に1度の総選挙が15日、全国約1万4300カ所の投票所で行われた。即日開票される。深夜にも大勢が判明。小選挙区253議席、比例代表47議席の計300議席を争う。文在寅政権は新型コロナウイルスの感染を完全に抑え込めない中で予定通り実施に踏み切った。政権の対策が評価され与党が優勢との観測が出ている。

 与党が第1党の座を維持できるかどうかが焦点。選挙結果は2022年5月の次期大統領選や文氏の政権運営に大きな影響を与える。一般有権者の投票は午後6時(日本時間同)までで、その後感染者と濃厚接触するなどして自宅で自主隔離中の有権者が投票する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス