国際

米、WHOへの拠出金停止へ 新型コロナで「中国寄り」と批判

 トランプ米大統領=14日、ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は14日、記者会見し、世界保健機関(WHO)が中国寄りの立場を取って新型コロナウイルスを巡る対応に失敗したと非難し、WHOへの拠出金を停止するよう政権に指示したと明らかにした。WHOに組織の見直しを要求する。米国内で高まる政権の対応遅れへの批判の矛先をそらす狙いがありそうだ。

 トランプ氏は会見で、新型コロナへの初動対応で中国に情報隠蔽の疑いがあったにもかかわらずWHOが説明をうのみにしたと批判。「中国の不透明性を指摘していれば感染拡大を封じ込め、死者も少なく抑えることができた」と主張した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス