国際

バイデン氏結集でオバマ氏調停役 民主党分断の再現危ぶむ

 【ワシントン共同】米メディアは14日、大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領の下に民主党が結集する調停役をオバマ前大統領が担ったと伝えた。前回大統領選ではクリントン元国務長官とサンダース上院議員の対立が尾を引き、共和党候補のトランプ氏に敗北しており、民主党分断の再現を危ぶんだという。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、オバマ氏は3月下旬以降、サンダース氏と少なくとも4回、長時間対話した。「早く終結させなければ」との思いを抱きながらも聞き役に徹したため、サンダース氏は撤退後の身の振り方や指名争いへの思いなど胸の内を吐露。この後撤退した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス