社会

県議会への賛成、似た文言多数 香川ゲーム条例素案へのパブコメ

 香川県で1日に施行された子どものインターネット・ゲーム依存症対策条例を巡り、条例素案へのパブリックコメント(意見公募)に寄せられた賛成意見の多くが「賛成します」など似た文言で、一部は短時間に連続してメール送信されていたことが15日、県議会への情報公開請求で分かった。

 条例は議員提案され3月に可決、成立した。意見公募では、例えば1月29日の午前7時50分~午前8時56分の約1時間に35件のメールが届き、いずれも「ネット依存症対策条例の制定に賛成します」や「賛成します」と短い文言で、その理由は書かれていなかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス