国際

中国、米に「深刻な懸念」を表明 WHOへの拠出金停止を非難

 【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は15日の記者会見で、トランプ米大統領が世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止する方針を示したことに対し、新型コロナウイルス感染症を巡る「国際協力を損なう」と非難、「深刻な懸念」を表明した。米国の拠出停止により中国がWHOへの影響力強化を図る可能性もある。

 趙氏は、中国がこれまでに表明していたWHOへの2千万ドル(約21億5千万円)の寄付を既に実行したと明らかにした。米国に代わり中国が拠出金を増やすかについて「必要に応じて関連の問題について検討する」と述べ、含みを持たせた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス