国際

NZ首相、報酬2割カット 「国民の困難を痛感」

 【シドニー共同】ニュージーランドのアーダン首相は15日、自身と閣僚らの報酬を半年にわたり2割カットすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で「多くのニュージーランド人が直面している困難を痛感している」とし、報酬削減で「リーダーシップを示す」と述べた。

 半年で160万ニュージーランドドル(約1億340万円)の歳出削減を見込み、アーダン氏の報酬は年額約47万ニュージーランドドルから約42万4千ニュージーランドドルとなる。一般の公務員の給与は削減しない。アーダン氏は「この削減は政府の財政状態を変えないが、ウイルス撲滅と命の救済に向け団結する」と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス