国際

米中高官、双方が改善要求 新型コロナ対応巡り電話会談

 【ワシントン、北京共同】ポンペオ米国務長官と中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員は15日に電話会談し、新型コロナウイルス感染症への対応を巡り協議した。双方が互いの対応に改善を求める一方、感染拡大阻止や世界経済の回復に向けて協力する方針も確認した。

 米側は新型コロナが中国から持ち込まれ、初期の情報開示が不十分で世界的な感染拡大を招いたと批判を強めており、中国は強く反発している。ポンペオ氏と楊氏は3月中旬の電話会談で非難の応酬を繰り広げていた。

 国務省によると、ポンペオ氏は15日の会談で中国政府の対応に関し「完全な透明性と情報共有の必要性」を強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス