スポーツ

B1大阪、3選手はコロナ陰性 感染者は計13人、検査終了

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)大阪は16日、チーム内で計13人の新型コロナウイルス感染が確認された後に、新たにPCR検査を受けた選手3人が、15日までにいずれも陰性と判定されたと発表した。

 チームによると、検査対象となっていた選手、関係者のPCR検査が全て終わり、濃厚接触者とされた関係者、スタッフは保健所の指導の下で設定した2週間の健康観察期間が終了した。

 大阪は2日にBリーグで初となる選手1人の感染を発表。13日までに選手11人、チーム関係者2人の感染が判明していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス