社会

「保釈、柔軟に許可を」 裁判延期、日弁連会長声明

 日弁連の荒中会長は16日までに、新型コロナウイルスの感染拡大で刑事裁判の延期が相次いでいることを受け、延期の際は弁護人の意見を聞いて慎重に対応し、保釈や勾留の取り消しなどを柔軟に認めるよう裁判所に求める声明を発表した。

 声明では、憲法が迅速な裁判を受ける権利を保障していることを踏まえ、特に身柄を拘束されている被告にとっては裁判が長期化する不利益が大きいと指摘。延期後の期日をできるだけ早く指定することや、被告が起訴内容を争わず、執行猶予が見込まれる裁判は1日で判決を言い渡すなどの対策を求めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス