社会

東日本の太平洋側で豪雨恐れ 土砂災害に警戒呼び掛け

 強い寒気を伴う低気圧と前線の影響で18日は東日本の太平洋側を中心に大雨になる恐れがあり、気象庁は16日、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けた。西日本や東日本では落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要になる。

 気象庁によると、低気圧と前線は19日にかけて日本付近を通過する。低気圧や前線に暖かく湿った空気が流れ込み、東日本の太平洋側を中心に大気の状態が安定しない。18日は雷を伴った激しい雨が降る可能性がある。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス