社会

全奨学生に生活支援15万円 あしなが育英会、寄付募る

 記者会見する「あしなが育英会」の岡崎祐吉事務局長=16日午後、東京都千代田区

 病気や災害で親を亡くした子どもの進学を支援する「あしなが育英会」(東京)は16日、都内で記者会見し、奨学金交付対象の高校生や大学生ら計約6500人全員に、生活支援金として15万円を給付すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で保護者が仕事を失うなどして「食費がない」「路上生活するしかない」との声が多く届いたためとしている。

 全奨学生に生活支援金を出すのは1993年の発足以来初めて。総額は約10億円で、奨学金を安定的に交付する積立金を取り崩す。感染拡大で、今春は街頭での募金活動を実施できず、育英会はホームページ上で寄付を呼び掛けている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス