スポーツ

五輪の会場、競技日程踏襲で一致 コロナで1年延期、コスト削減へ

 テレビ電話方式の合同会議を終え、記者会見するIOCのコーツ調整委員長(中央の画面)、組織委の森喜朗会長(左)ら=16日午後、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会の幹部による合同会議が16日、テレビ電話方式で行われた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期となった大会は会場、競技日程とも従来の計画を踏襲することが望ましいとの方針で合意した。今後、会場所有者側との交渉を本格化させ、協力を求める。延期で生じる追加コストの削減を図ることでも一致した。

 開催準備では、IOCのコーツ調整委員長と、組織委の森喜朗会長が率いる合同の意思決定機関を設置することも決定。5月に工程表を固めることも確認した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス