社会

名古屋の国道に大量のマスク散乱 数千枚か、国交省が回収

 回収されたマスク=17日、名古屋市(国交省名古屋国道事務所提供)

 名古屋市緑区の国道23号の有松インターチェンジ付近で16日夕、約700~800メートルにわたり路上に大量のマスクが散乱していたことが17日、国土交通省名古屋国道事務所への取材で分かった。通行した車から落下した可能性があり、同事務所が回収した。数千枚に上るとみられる。

 同事務所によると、25キロ分の砂が詰められる縦約60センチ、横約50センチの土のう袋三つが、回収したマスクでいっぱいになったという。マスクはほこりやちりで汚れており、使用することは難しいとみられる。

 同事務所が保管するが、持ち主が名乗り出なければ廃棄する予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス