社会

泉南市議、感染者は「殺人鬼」 SNSで、差別助長と問題視の声

 感染者を「殺人鬼」と表現した梶本茂躾・大阪府泉南市議のフェイスブックの投稿

 大阪府泉南市の梶本茂躾市議(72)が、自身のフェイスブックに「感染者は殺人鬼に見える」などと投稿していたことが17日、分かった。市民や一部の市議からは、差別を助長させるとして問題視する声が上がっている。

 投稿は10日夜。市で初めての感染者が女子高生だったことに触れ「休校続いていますので、あっちこっち動き回ってないか心配です。市に接触者が何人かいるとしたらうかつに歩けません。感染者は、私ら高齢者にとっては殺人鬼に見えます」と書き込んだ。

 梶本市議は取材に応じ「活発に出歩く若者に、高齢者を感染させる可能性があるという危機感を持ってほしかった」と釈明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス