国際

イタリア死者、例年の5倍地域も 政府統計、高齢男性に被害

 【ローマ共同】イタリア国家統計局は17日までに、新型コロナウイルス感染拡大が続く北部ベルガモ県で、3月の死者数が例年の5倍超に達した市町村が複数あると発表した。高齢の女性に比べ男性の方が死者の増加率が高く、ウイルスの影響を受けやすいとみられることも分かった。

 ベルガモ市では3月1日以降の約1カ月間での死者が729人に上った。感染と無関係の死者も含まれるが、2015~19年の同時期の平均死者数141人の約5・2倍に当たる。ベルガモ県内のほかの多くの市町村でも同様の傾向で、例年を大幅に上回ったという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス