クルーズ船除く国内感染1万人 市中で拡大、9日間で倍増

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 国内では18日、新たに580人の新型コロナウイルス感染が確認され、クルーズ船の乗客乗員らを除いた累計が1万人を超えた。3月末以降、1日の新たな感染者確認が数百人というハイペースとなり、市中での感染拡大の勢いは衰えを見せていない。

 感染者は4月9日に5千人を超えて以降、9日間で倍増。都道府県で確認される人数が大幅に増えている。1日当たりの判明者数は8日以降、500人を超える日も多い。

 国内の感染確認例の累計は1万406人で、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員やチャーター機による帰国者を含めると1万1132人。死者は17人増え、計237人。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス