スポーツ

巨人、嘱託職員がコロナ感染 PR写真担当、濃厚接触者なし

 プロ野球巨人は18日、事業本部所属の男性の嘱託職員(60)がPCR検査で新型コロナウイルスの陽性と判定されたと発表した。球団内に本人との濃厚接触者に当たる人はいないという。

 嘱託職員は球団のPRなどに使用する写真の撮影を担当。3月下旬以降は主に川崎市のジャイアンツ球場で業務をしていた。同球場を訪れたのは今月9日が最後で、12日に発熱した後は立ち寄っていないという。

 プロ野球では阪神の藤浪晋太郎投手ら3選手が3月下旬に検査を受け、陽性反応が出て入院。3選手は既に退院した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス