スポーツ

DeNA桜井、40球の投球練習 3年目で先発に、ローテ入り狙う

 投球練習するDeNAの桜井=神奈川県横須賀市(球団提供)

 今季先発に転向するDeNAの桜井周斗投手が20日、神奈川県横須賀市の2軍施設で、新型コロナウイルス感染予防のため非公開で40球の投球練習を行った。球の回転数や回転軸などを測る「ラプソード」のデータを指標に直球を磨いており、自主練習期間は2日に1度、投球練習している。

 ラミレス監督に潜在能力の高さを評価され、3年目で開幕ローテーション入りを狙う。球団広報を通じ「漠然と一日を過ごさないように、毎日の目標を設定して取り組んでいる」とコメントした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス