国際

容疑者、ほかにも放火や殺人か カナダ銃乱射事件

 19日、カナダ・エンフィールドの現場に展開する警官隊(TIM KROCHAK/カナダ通信提供、AP=共同)

 【ニューヨーク共同】カナダ東部ノバスコシア州で18~19日、少なくとも16人が犠牲になった乱射事件で、死亡した容疑者が発端とみられる州北部ポータピックの銃撃事件と前後して周辺で複数の家屋に放火し、その後に現場東方でも複数人を射殺した疑いがあることが分かった。グローブ・アンド・メール紙電子版が19日伝えた。

 同紙は歯科技工士ガブリエル・ワートマン容疑者(51)について、新型コロナウイルスの感染拡大により、州中部ダートマスで経営するクリニックが閉鎖されたとの付近住民の話を伝えた。関連は不明で、警察当局は動機解明を急いでいる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス