社会

「次の犠牲者出さないで」と訴え 長崎いじめ自殺で両親会見

 2017年4月に自殺し、いじめが要因とされた長崎市の私立海星高2年の男子生徒=当時(16)=の両親が20日、命日に合わせて記者会見を開き「次の犠牲者を出さないために学校は真摯に対応してほしい」と訴えた。学校は「自死の主たる要因はいじめ」と結論付けた第三者委員会の報告書について「論理的飛躍がある」として受け入れを拒否している。

 私立校でいじめ事案が発生した場合、制度上、行政は介入できない。両親はこの日、学校側への指導の徹底を求めた要望書を県に提出。男子生徒の母親(48)は「私立も公立も子どもの命の重さは同じだ」と訴えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス