スポーツ

豊島引退に「お疲れさま」と琴奨 小学生からのライバルで盟友

 琴奨菊

 大相撲の元大関で関取最年長の36歳、琴奨菊が20日、電話取材に応じ、小学生時代からのライバルで同学年の元関脇豊ノ島の現役引退を惜しんだ。「何が何でも(もう一度)対戦したかったが…。まだやれると思っていたけど、本人がやり切ったと言うなら納得せざるを得ない。お疲れさま」と受け入れた。

 琴奨菊は引退発表の17日夜、テレビ電話で話したと明かした。「今までありがとう」と感謝を伝えると、井筒親方となった盟友はほっとした表情を浮かべたという。

 両者は2002年初場所同期生で、常にしのぎを削ってきた。新十両と新入幕は豊ノ島が先で、琴奨菊は強く意識したという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス