社会

前橋市、NTT東を提訴 不正アクセスで個人情報流出

 前橋市は21日、市教育委員会のサーバーが不正アクセスされ児童、生徒らの個人情報が流出した恐れがあるとして、システム管理を委託したNTT東日本に約1億7千万円の損害賠償を求めて前橋地裁に提訴したことを明らかにした。

 提訴は3月26日。訴状によると、データセンターの構築などを委託したNTT東日本のシステムに重大な不備があったと主張。セキュリティー対策を怠ったために、市立の幼稚園や小中学校の生徒ら約4万7千人分の個人情報が流出した可能性があると訴えている。

 同社は「弁護士に任せており、コメントは控える」としている。

 不正アクセスは2018年3月に発覚した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス