スポーツ

相撲部屋の待機終了、発症者なし 芝田山部長「引き続き注視して」

日本相撲協会の芝田山広報部長

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は22日、電話取材に応じ、力士のコロナ感染確認により、保健所の指導で当該力士の所属する相撲部屋の協会員の待機期間が同日で終わったことを受け「新たな発症者がいるなどとは聞いておらず、一区切り。引き続き注視しながら、稽古しないといけない」と慎重に語った。

 感染拡大予防のため、相撲協会は接触を伴うぶつかり稽古を控えるよう各部屋に要請していた。今後も自粛継続を求める一方で、稽古内容は各師匠の判断に任せるという。芝田山広報部長は「基礎運動だけというのも難しい。どういう稽古をさせるか、親方が考えないといけない」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス