国際

米東部100歳男性コロナで死亡 双子、兄弟はスペイン風邪で

 【ニューヨーク共同】1919年に生まれて間もなくスペイン風邪のパンデミック(世界的大流行)で双子の兄弟を失った米東部ニューヨーク州ロングアイランドの男性(100)が17日、新型コロナウイルス感染症で死去したことが22日分かった。米メディアが伝えた。

 孫(39)は「祖父は『歴史は繰り返す』が口癖で、パンデミック再発の可能性も認識していた」と語った。

 男性はフィリップ・カーンさん。1919年12月に生まれて数週間後、双子の兄弟サミュエルさんがスペイン風邪で死去した。太平洋戦争では戦闘機の副操縦士として硫黄島(東京都小笠原村)の戦いに加わった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス