国際

韓国・釜山市長がセクハラで辞意 会見し「不要な身体接触」謝罪

 記者会見で謝罪する韓国・釜山市の呉巨敦市長=23日、釜山市(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国南部・釜山市の呉巨敦市長(71)は23日、同市で記者会見し、面談相手に対し「不必要な身体接触」を行ったとして謝罪、同日付で辞任する意向を示した。強制わいせつに該当する恐れのある行為だったと判断したという。聯合ニュースによると、被害者は女性公務員。

 呉市長は文在寅政権の与党「共に民主党」から2018年6月の統一地方選に出馬し、初当選していた。盧武鉉政権では海洋水産相を務めた。釜山は韓国第2の都市で、日本人観光客も多く訪れる。

 呉氏は、約5分の面談の間に不適切な行為に及んだと述べたが、具体的な説明は避けた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス