国際

中国、厳しい情報統制に反省の声 感染症対応巡り「世論が必要」

 【北京共同】新型コロナウイルスが最初に確認された中国では感染症の発生初期に、警告を発する声が封じられ初動対応が遅れた。共産党政権の統制型社会管理の弱点が露呈した形だが、共産党・政府系メディアからも厳しい情報統制を反省する声が出ている。

 国営通信新華社の週刊誌「瞭望」は、感染症対応を巡り「責任を明確にする制度のためには緩やかな世論環境が必要だ。多少雑音があった方が大混乱を回避できる」との政府系シンクタンクの専門家のコメントを載せた。

 中国指導部は初動対応の遅れなどを踏まえ、湖北省の幹部多数を更迭したが、情報統制の是非については明確な態度を示していない。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス