社会

生活困窮訴え、相談全国で5千件 弁護士ら、政府に対策要請

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて実施した電話相談について、記者会見する宇都宮健児・日弁連元会長=23日午後、東京都内

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う生活困窮などに関する電話相談を実施した弁護士や司法書士らのグループが23日、東京都内で記者会見し「収入がなくなり家賃が払えない」「仕事を契約途中で切られた」などと訴える相談が全国で約5千件寄せられたと明らかにした。グループは同日、継続的な現金給付などの対策を求める要望書を厚生労働省に提出した。

 グループは18、19日、相談会を行った。メンバーの猪股正弁護士は、生活費に関する内容が全体の過半数を占めたと説明。「休業要請と補償がセットでなければ、多くの人が失業、廃業に追い込まれ、取り返しのつかない被害をもたらす」と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス