スポーツ

阪神、藤浪らが自主練習を再開 新型コロナ感染から回復

 新型コロナウイルスの感染から回復した阪神の藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手が24日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で自主練習を再開した。3選手は約2時間半、ランニングなどで軽めに体を動かした。この日は報道陣への対応はなかった。

 3選手は8日までに退院し、23日に甲子園球場で自主練習中のチームメートに謝罪。24日、オンラインで取材に応じた能見篤史投手は「本当にすみませんでした、と言われた」と明かした上で「次にどうするかが大事。これからしっかりやってくれると思うし、チームとして動いているところを僕らも再認識できた」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス