社会

鉄パイプ落下、60代の夫婦けが 東京・麻布十番の工事現場

 24日午後2時20分ごろ、東京都港区麻布十番2丁目のマンション新築工事現場から鉄パイプなどが歩道に落下し、歩いていた60代の夫婦に当たった。2人はけがをして病院に搬送されたが、命に別条はないという。警視庁麻布署が業務上過失傷害容疑を視野に、落下した原因を調べる。

 署によると、鉄パイプなどの工事資材が入った資材袋を、クレーンでつって下ろしている際、ひもが切れて20メートルぐらいの高さから落下した。夫は右肩、妻は左肩を負傷した。

 現場は東京メトロ麻布十番駅近くの商店やマンションが並ぶ一角。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス