国際

WHOにサイバー攻撃5倍 昨年同期比、アドレス流出

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は24日までに、今年初めからの新型コロナウイルス感染症対応期間中、昨年同期比で5倍に上るサイバー攻撃を受けたと明らかにした。計約450のメールアドレスとパスワードが今週、インターネット上に流出したとしている。流出データは古いもので、実害は出ていないという。

 現役職員や退職済みの職員、非政府組織(NGO)などに開放している古いシステムには影響が出たというが、具体的な内容は不明。

 新型コロナ感染症の対応で、WHOは公式ウェブサイトで一般からの寄付を募っている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス