社会

コロナ感染公表は?出社命令は? 企業向けにウェブで法的助言

 法律事務所が公開したセミナー動画で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた法的問題について話す塩崎彰久弁護士(右)

 新型コロナウイルスに社員が感染したと公表しても個人情報保護法に違反しないか、緊急事態宣言中に出社を命じていいのか―。感染拡大で、企業が多くの法的問題に直面する中、東京の大手法律事務所が集約した助言をウェブサイトで公開し、反響を呼んでいる。担当弁護士は「状況が刻々と変化して正解は見えにくいが、考える足掛かりになれば」と期待する。

 長島・大野・常松法律事務所が3月12日に公開した特設サイトの閲覧回数は、約1カ月で1万回を超えた。

 同事務所の塩崎彰久弁護士は「企業の法務担当者は情報の断絶に苦しんでいる。広く知識を届けることが、私たちの役目」と話している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス