社会

大型連休初の日曜、自粛続く 渋滞なし、新幹線自由席0%も

 ゴールデンウイーク期間に入り初の日曜となった26日、閑散とする東海道新幹線のホーム。緊急事態宣言発令の中、移動自粛が続いている=JR東京駅

 ゴールデンウイーク期間に入り初の日曜となった26日、交通機関は例年のような帰省・行楽客による混雑は見られず、各新幹線の自由席乗車率は10%以下が目立ち、0%の列車もあった。高速道路の渋滞もなく、緊急事態宣言発令の中、移動自粛が続いている。

 JR東日本やJR東海によると、例年の連休序盤は下りの自由席乗車率が100%を超える列車が相次ぐ。だが26日は、東北・山形新幹線やまびこ127号とつばさ127号、上越新幹線Maxとき303号で東京駅出発時に0%だった。東海道新幹線は27日以降も指定席の空席が多い。

 空の便は国内、国際線とも減便、29日以降の予約も低調だ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス