国際

中国、全人代日程調整か 新型コロナで延期

 【北京共同】中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)は26日、常務委員会を開いた。国営通信新華社が伝えた。29日まで開催され、新型コロナウイルスの感染拡大で延期された第13期全人代第3回会議の日程を調整する可能性がある。

 新華社によると、常務委員会では、新型コロナの感染拡大を受け、感染症を引き起こす原因となる微生物実験の監視・管理を強化することを定めた「生物安全法」草案を審議。ウイルスの起源が湖北省武漢市にある危険度が高い病原体を取り扱う研究所だったとの疑いが持たれていることを踏まえた措置の可能性もある。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス