スポーツ

朝乃山172、白鵬は151キロ 2月の診断結果で夏場所体重発表

 稽古に励む朝乃山=3月30日

 日本相撲協会は27日、大相撲夏場所(5月24日初日・両国国技館)に向けて関取衆の体重を発表し、新大関朝乃山は前回測定の1月の初場所前から5キロ減って172キロだった。東京開催場所では通常、番付発表翌日の力士会で測定されるが、今場所は新型コロナウイルス感染拡大の影響で力士会が実施されないため、2月の健康診断での結果が反映された。

 2横綱は白鵬が7キロ減の151キロ、鶴竜は4キロ減の152キロとなった。前回169キロだった大関貴景勝は今回未測定。最軽量は平幕炎鵬で96キロだった。最重量は平幕魁聖と十両逸ノ城の201キロ。幕内平均体重は160・2キロとなった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス