芸能・文化

アマ将棋、名人戦が初の中止 1947年の大会開始以来

 日本将棋連盟は27日、新型コロナウイルス感染拡大で、9月に開催を予定していた第74回全日本アマチュア名人戦全国大会(同連盟主催、全国地方新聞社後援、共同通信社協賛)を中止すると発表した。アマ日本一を決める同大会が中止されるのは、開始された1947年以来初めて。

 歴史と伝統のあるアマ名人戦全国大会は、年に1度開催され、各都道府県の代表ら64人が出場。歴代優勝者には、棋士編入試験を経て、戦後最年長の41歳でプロ入りした今泉健司四段(46)らがいる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス