スポーツ

夏場所、引き続き状況注視 広報部長、番付発表で

 日本相撲協会の芝田山広報部長

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は大相撲夏場所(5月24日初日・両国国技館)の番付を発表した27日、新型コロナウイルスの影響で不透明な場所開催について引き続き状況を注視する意向を示した。

 協会は状況次第で無観客実施や中止を検討する。「番付は先場所の成績を表すものなので、予定通り発表された。見通しが良くなったということではなく(状況に)変わりはない」と話した。

 協会員では高田川親方(元関脇安芸乃島)、弟子の十両白鷹山らこれまで計7人の感染が確認されている。いずれも入院中といい、同広報部長は「新しい情報は何もない」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス