社会

別の名馬2頭のたてがみ切断疑い 道警、無職女性と夫を書類送検

 一部が切り取られた「ローズキングダム」のたてがみ=2019年9月、北海道日高町の牧場「ヴェルサイユファーム」

 北海道の牧場で有名馬2頭のたてがみが切り取られた事件で、北海道警が別の馬2頭のたてがみも切断したとして、無職女性(55)=器物損壊の疑いで逮捕=を同容疑で書類送検していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。50代の夫も関与したとして、同容疑で書類送検していたことも判明した。

 女性の書類送検容疑は、昨年9月、北海道日高町の牧場が飼育するジャパンカップ優勝馬のローズキングダムと別の牧場で飼育中の菊花賞を制したビワハヤヒデのたてがみの一部を切り取った疑い。道警門別署が24日に書類送検した。

 捜査関係者によると、女性は容疑をおおむね認めているという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス