経済

東証小幅反落、12円安 コロナ長期化の警戒感くすぶる

 東京証券取引所

 28日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅反落した。終値は前日比12円03銭安の1万9771円19銭。コロナの流行長期化への警戒感がくすぶった。感染拡大ペースが鈍ることへの期待を背景に、前日終値を上回る場面もあった。

 東証株価指数(TOPIX)は1・90ポイント高の1449・15。出来高は約12億3300万株。

 国内ではコロナの新規感染確認が続き「政府の緊急事態宣言の早期解除は難しい」(大手証券)との慎重姿勢につながった。コロナによる需要減少で米原油先物相場は下落傾向を示し、金融市場の波乱要因になりかねないと不安視された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス