経済

関電、橋下氏の起用拒否を発表 大阪市提案の社外取締役

 関西電力本店=大阪市

 関西電力は28日、筆頭株主の大阪市が金品受領問題の再発防止に向け提案した橋下徹元市長の社外取締役起用案を拒否したと発表した。橋下氏が大阪市長を務めたことから「特定の大株主と関係が深い」とし、社外取締役候補として適切でないと判断した。新たな候補には日本製鉄相談役の友野宏氏ら8人を選んだ。6月の株主総会で選任する見通し。

 森本孝社長は28日、大阪市内で記者会見し「橋下氏は政治、政策面で積極的に情報発信しており、公益事業者の取締役とするのは適切ではない」と述べた。一方、橋下氏から意見を聞く場を設ける意向を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス